子供について学ぶべきことはたくさんあります

子供が病気になった時

日中元気に過ごしていたのに、夜間に発熱する。
子供を育てていると、誰もが経験することです。
発熱の他にも咳や鼻水、嘔吐など気になる症状が出る場合も。
熱が高い、咳が止まらない、嘔吐が何度も続く、ぐったりしている時は、夜間診療をしている病院で診てもらいましょう。
夜間診療は主に総合病院が多く、救急扱いになるので、その時に必要な処置(点滴、吸入など)と夜間に使える薬(熱さまし、シロップなど)が処方されます。
次の日には小児科を受診するよう言われることも多いので、まずは出された薬で対処し、熱さましは子供の場合38.5度以上の時に使用します。
小児科に受診の際には、感染予防にマスクを用意します。
子供にも「他のお友達に病気をうつさないようにしようね」と話しておきましょう。
問診表を書く場合は、夜間診療を受けたことを記入します。
又、薬のことも聞かれるので、お薬手帳を持参すると便利です。
病気の時は食欲不振になることもありますが、無理に食べさせなくても大丈夫です。
水分摂取は必要なので、こまめに摂取させましょう。

子供の病気と注意点

子供は比較的病気になりやすい子と、そうではない子がいます。
親としては調子が悪そうな感じを見てしまうと焦ってしまう場合もありますが、中には全く焦らなくても良い場合も少なくありません。
まずは普段の様子を良く見ておく事、さらに触れてみてどういう反応をするのか、暖かさはどんな風になっているかを知っておく事が重要です。
次に、子供の病気ですが食欲もあり話をする事もできる、トイレにも行けるという場合は少し様子を見ていても大丈夫です。
ただ喘鳴が聞こえてきたり、少し辛そうだったり無理をしていたり、と何時もと違う様子の場合は病院で診察を受けましょう。
食欲がない、水分摂取ができていない、何時間もトイレに行っていないという場合は注意が必要です。
もしかしたら脱水症状を起こしてしまう可能性が有るので、、まずは水分摂取を心掛ける事、そして早い段階で病院に連れて行きましょう。
子供の場合は休日に調子が悪くなる事も多い傾向です。
平日の診察だけでなく、休日も対応してくれる病院も見つけておく事が子育て中には重要です。

注目サイト

キャビスパexの最安値店
http://www.forjapanwithlove.com/rev_cavispaex

最終更新日:2016/2/9

Copyright 2015 Child Dream. All Rights Reserved.